失敗しない英語翻訳の秘訣

「英語の翻訳会社は数多く、違いがわからない」
「予算が限られていて。しかし質の高い訳文でないと」
「急いで翻訳をしなければならないが、間に合うかどうか」

英語の翻訳サービスは検索すると、様々なサービスがヒットします。
現在、日本には、翻訳会社が4000社ほど、存在しています。
また、グーグルに代表されるような自動翻訳サイトもあれば、
翻訳代行サービスもあります。
数多くのサービスの中で、何が最適なのでしょうか。


弊社が翻訳した書籍『世界はこうなる The World in 2016』(日経BP社)。
この書籍は、英国The Economistが毎年年末に発行する『The World in』を翻訳したものです。
この『The World in』はこれまで30年近い歴史を持ち、世界40カ国以上で発行されてきました。
全世界で活躍するThe Economistの記者が、次年度の国際情勢やビジネスに影響を与える重要事項を予測し、一冊にまとめたものになっています。


アーキ・ヴォイスの翻訳の特徴

アーキ・ヴォイスの翻訳の特徴は、提案力にあります。
翻訳にとらわれず、さまざまな提案が可能です。
たとえば、納期が短く一般の翻訳会社だと対応ができないケース。
弊社だと、通訳を手配して、お客様と一緒に必要な訳文を見極めることをしたり、
書籍の翻訳の場合、納品後、チェッカーをお客様のところに手配し、
一緒に訳文の検討、ニュアンスの調整をすることもあります。

普通の翻訳会社とは違うのでしょうか?

弊社では、翻訳会社ではできない提案が可能です。
というのも、弊社は語学教育からスタートしており(現在も続いています)、
人材派遣、人材紹介まで手掛けているからです。
また関連会社でコンサルティングを行う会社もあります。
そのため、お客様のニーズにあわせて、
「翻訳」だけにとらわれないサービスを提供することができます。

お客様のお役に立つことを最大のミッションとしています。
翻訳の発注の仕方をしればしるほど、さまざまな方法があることがわかるでしょう。


アーキ・ヴォイスの事例

これまで、5000社以上のお客様とお取引をいたしました。
官公庁の実績を見ていただければわかるとおり、弊社の翻訳単価は、
官公庁の仕事を落札できる(=安い)金額です。
また、英国エコノミストの調査レポートの翻訳(日経BPから出版されています)や、
街中の看板表示や空港でのアナウンスの吹込みなど、
多岐にわたる実績があります。
海外の子会社では、2000頁の資料の翻訳も行いました。

英語の翻訳、通訳などについては、
まずは、03‐3409‐0004 にお問い合わせください。
「翻訳に関して聞きたいけど」とおっしゃっていただければ担当者におつなぎします。

また、さまざまなサービスの説明をしていますので、
それぞれのサービスは下記の9つのサービスをご覧ください。


英語サービス


各分野 英語翻訳

M&A翻訳 | 財務翻訳 | 法務翻訳 | WEB・IT翻訳 | 特許翻訳 | 医薬翻訳
技術(マニュアル)翻訳 | 論文翻訳 | 広報・印刷翻訳 | ビジネス翻訳

お問い合わせはこちらから


  • サービス概要
  • 翻訳
  • 英語翻訳
  • 英語web制作
  • 英語テープ起こし
  • 通訳
  • 英語通訳
  • 派遣
  • 英語人材派遣
  • 研修
  • 英語企業語学研修
  • 進出支援
  • マーケティング
  • リサーチ
  • 海外M&A
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 所在地
  • 取引実績
  • 機密保持
  • 求人情報
アクセスマップ

[アーキ・ヴォイス]

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-7-1
渋谷S-6ビル 6F
Tel. 03-3409-0004
Fax. 03-3409-0043

英語・日本語 単語集




弊社の翻訳チームが
翻訳しました。